2016年6月13日 (月)

マナー違反

電車で移動中、見かけるマナー違反者。久しぶりに見かけました。細かいことを言うなとご批判を受けそうですが、やはり目に入ってきてしまうのです。

電車の車内で、肉食系の匂い漂う食品を周囲の方々の迷惑を顧みず、食事をする人々。

やはり満員電車の中で、突然手鏡を取り出し、化粧を始める女性。

と思えば、電車の中で、大声で携帯電話を使って、話をしている年配のおじさん。

駅のホームで、たくさんの人たちがいる階段で、歩きスマホをやりながら移動しようとする人間たち・・・・・。それにしても、欧米の個人主義思想に影響を受けた?からなのか?こういった人たちを目にする機会が増えたような気がします。

ストレス社会というけれども、こういった人たちを見たら、反面教師として、自らの成長につなげていきたいと思う昨今なのでした・・・・・。

2016年2月 4日 (木)

2016年1月が終了。今年もあと11か月。

最後に記事をUPさせて頂いたのが、なんと2013年。つまり3年ぶりの記事のUPです。この間に起きた出来事があまりに多く、何から書き始めればよいのかわかりません。

結婚に関しても、あきらめたわけではないのだけれど、どうしても仕事を第一に考えてしまいこの日になってしまったというわけです。それにしても、この目が回るような仕事量は、何なのだろう。まぁ、仕事がないよりは良いわけだが、本日も、帰宅は深夜2時という有様。(苦笑)

労働時間的には、完全なるブラックということになってしまう?わけだが、それでも今現在の仕事が自分には合っているのでしょう。ああ、眠くなってきてしまった。(笑)

2013年4月 9日 (火)

光陰矢のごとし

あっという間に一日が終了。油断しているとあっという間ですね・・・・・。小中学校、会社などでは、新年度がはじまったというのに、2013年は、すでに1/4が終了。皆様同様、結婚という夢も含めて成し遂げたいことが沢山あるのですが、おちおちしているとあっという間に一年が終わってしまいそうで焦っています。急がなければ・・・・・・。

本日は、ネタがないのでブログの更新は、これにて終了です。(笑)

2013年4月 7日 (日)

「夫を上げる妻、下げる妻」チェックリスト

久しぶりの二連休。「忙しい」とは、心を亡くすと書くけれど、仕事オンリーでは見失ってしまものも多いのだなぁと、今更ながら当たり前のことに気がつきました。自らの気持ちや心、体を時には無理やりにでも休ませることが成果を上げることにもつながるのだということを思い知らされました。休みや休息を取ることが下手な私には、大変な気づきとなりました。



ところで、仕事休みでインターネットを見ていたら、下記のような記事を見つけましたので、共有させて頂ければと思い、UPさせて頂きます。私のように独身の方も、既婚の方もご参考にしていただければ幸いです。



「夫を上げる妻、下げる妻」チェックリスト

「上げる妻」より「下げる妻」の項目にチェックが多い妻は要注意!
【上げる妻】

□夫の小遣いは年収比例
□家族で家計の透明性を保つ
□夫婦共通の夢、目標を持っている
□いざとなったら稼ぐ力を持つ
□家に夫の居場所をつくる努力をする
□夫という資産の健康管理ができる

【下げる妻】

□年収関係なく夫の小遣いは一律
□家計を夫に見せない、または使うだけで管理しない
□子供以外に夫婦共通の夢がない
□自分が働く気も能力もない
□稼いでくれれば夫は家にいなくていい
□夫の健康についてうるさく言わない



いかがでしょうか?思い当たる節がある方々もいらっしゃったかも知れませんね。

それでは、また・・・・・・。

○高屋と某ハンバーガー店と東急ハンズの接客の違い

いつもなら、出勤しているはずの土曜日。本日は、上司に許可を取り、何年ぶりかで二日連続のお休みを頂けました。いつものリズムと違うので、何だか違和感がありましたが、少し気持ちが楽になりました。

そこで気がついたことがありました。それは、サービスする側の視点とされる側の視点が全く違うということ。なぁ~んだ、そんなこと誰でも知っているよ、何を今更という声が聞こえてきそうですが、基本日曜日にしか休みがない私がサービスを受ける側に回ることが出来たことで気がついたことがありました。

それは、ある日○高屋という有名なラーメンチェーン店に入ったときのことです。注文をしたまでは良かったのですが、待てど暮らせど注文したラーメンが来ない・・・・・・。20分か30分ぐらい経過してからでしょうか?私の注文をとりにきた店員が、私のところへやってきて、お客様何をご注文しましたっけ?ときました。

内心、これだけ待たされた挙句、自分が注文したはずのラーメンが忘れ去られてしまっていた・・・・・。正直、カチンときました。しかしながら、お腹がかなり空いていた私は、もう一度だけ同じ注文をし、それでも待つという選択をしました。

そのラーメン屋の店員は、まずいという表情をしながら、料理場に○○ラーメン急いでくださいと私にも聞こえる声で、掛け声をしていたのですが、その後10分しても、注文したラーメンが来なかったため、流石に堪忍袋の緒が切れて、もう注文したラーメンはいらない!と声をかけ、急いでその店を出ました。空腹の中で待たされてしまったため、口には出しませんでしたが、正直、ふざけるなよ!○高屋!というのが、本音でした。

その足で、ペコペコの空腹を充たすべく、某ファーストフードのハンバーガー店に入って、食べたいものを注文したら、何と1分も立たずに注文した品が出てきました・・・・・・。丁度、その店が「○分以内にご注文を受けた品をお出しします!」というキャンペーンを打ち出していたからということもあったのですが・・・・・・。それにしても同じ外食産業で、これだけのサービスの違いに、あっけに取られてしまったという出来事がありました。

一方、欲しいカバンを購入するため、本日東急ハンズさんに足を運ばせて頂きました。やはりこちらでも、欲しい商品の問い合わせをさせて頂いたのですが、上記ラーメン店の○高屋とは180度違い、問い合わせをした店員の見事な接客術に驚かされてしまいました。社員教育が行き届いているなと強く感じました。

私の商品問い合わせに対応して下さった店員の丁寧な言葉遣い。そしてお客様のご希望に応えようとする言動や振る舞いがひしひしと伝わってきました。希望のカラーのカバンですが、あいにくメーカー側でご希望のお色が作られなくなってしまいまして、申し訳御座いませんと、丁寧にご説明頂きました。

また、私がこのカバンを購入する際、別の男性店員が、お客様お待ちでしょうか?何かございましたら、お伺いさせていただきますと他のお客様にも接客しているにもかかわらず、私に声をかけ、気遣ってくださる姿勢が、大変嬉しく感じました。

振り返ってみると、上記の良い例、悪い例のような接客に関して、自分自身も同じ過ちを犯そうとしていないか?顧客満足を充たすような接客が出来ているだろうかと思い知らされる一日となりました。たまにはサービスを受ける側に回り、客観的な視点に立ち、わが身を振り返ることも重要なのだなと思い知らされた一日となりました。

2013年4月 6日 (土)

迷惑防止条例違反の男(痴漢の逮捕の現場

本日、帰宅途中、某JRの駅で、迷惑防止条例により、ガードマンに押さえつけられている痴漢と思しき男が押さえつけられている光景を目の当たりにしました。

終電間もない時間帯でもあり、また週末だったからということもあったのでしょう。大捕物帳ならぬ光景を目の当たりにし、ああやっぱり痴漢っているんだと少々驚かされました。痴漢で捕まった男の現場などこれまで見たことも無かったので・・・・・。

大勢の聴衆に痴漢の男が押さえつけられている光景を目にした他の方々も、驚いたような表情をされていました。久しぶりの驚きの光景を目の当たりにしたのでした。

2013年4月 5日 (金)

お疲れ様です。

仕事柄、平日このブログを更新しようとするとこの時間になってしまう私。ようやく一日の仕事が終了し、こうしてブログの更新をしている。もう普通の人ならば、夢の中にいる時間帯だというのにもかかわらず・・・・・・。

まぁ、それはそれとして、忙しい一日が終わり、一息つける時間帯。やぁ~れ、やれです。(笑い)明日も、いえもう今日ですね。本日も頑張ります!

2013年4月 3日 (水)

民主が弱腰対応、離党ドミノ・・・平野氏も翻意せず


YAHOO!のTOP記事に表題の記事http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130401-00001663-yom-polを見つけました。



内容は下記の通り。


民主党執行部は1日の役員会で、夏の参院選を前に離党表明した平野達男前復興相(岩手選挙区)への対応を細野幹事長に一任することを決めた。

 しかし、党勢が低迷する中、離党の動きは今後も続く可能性があり、現時点では打つ手がないのが実情だ。

 ◆平野氏の対応 細野氏に一任◆ 

 「平野氏は復旧・復興を共にした同志との思いがある。党にとどまっていただきたいと強く伝えた」

 細野氏は1日の記者会見で、3月30日に東京都内で平野氏と1時間以上にわたって会談し、慰留したことを明らかにした。野田内閣当時、細野氏は原発相で、平野氏は復興相だった。だが、平野氏は翻意せず、細野氏は記者会見で、平野氏が離党した場合は除籍(除名)を含む厳正な処分で臨む考えも示した。当選2回で、閣僚経験者の平野氏の離党表明だけに、「離党ドミノ」を防ぐために、厳しい対応が必要と判断したためだ。

 同党を巡っては、夏の参院選で改選を迎える植松恵美子、川崎稔両参院議員が2月に離党届を提出。3月には山口和之前衆院議員が離党を表明し、みんなの党公認で参院選に出馬する。

 離党の動きが続く背景には、党執行部が植松氏の離党届を受理し、民主党会派にもとどめるというあいまいな対応を取ったことが加速させたとの見方もある。民主党会派は87人で、自民党会派の83人と4人差で、党内には「輿石東参院議員会長らが第1党を維持するために、弱腰の対応になった」との不満がある。






有権者の皆様は、前回の衆議院選挙で、民主党ではなく、自由民主党に投票した結果、こういった結果になったわけなのですが、それもやはり世の流れなのだろうなという感想を禁じえません。

沈み行く船から逃げ出してゆくネズミの行動と同レベルと感じてしまうか?はたまた切り替えの早い人間と考えるか?は人それぞれですが、個人的には節操がなく、わが身の保身だけを考えている政治家にしか過ぎないのだなとあきれ返ってしまいました。


やはり、有権者の皆さんは、よく見ているのだなと感心してしまいましたとさ・・・・・。(苦笑)

2013年4月 2日 (火)

いっちょ、やったるか!

新年度、第一日目。社会人一年生は、皆、緊張の中にいたのだろうなと自分自身が、社会人一年生だったときのことをかんがえて、そんな風に感じました。

私といえば、新年度第一日目から、仕事面で後頭部を延髄蹴りされたようなショッキングな出来事がありました。それは、自分の力ではどうすることも出来ない状況の出来事だったため、歯がゆくて悔しくてなりませんでした。

しかしながら、自らではどうすることも出来ないような状況だったため、しょーがねぇじゃんか自分!気持ちを切り替えて、前を向いて次の成功へ向けて動き出せば良いんだよ!と自らを鼓舞したのでした・・・・・・。

旧年度中は、とかくこういった自らの力が及ばない状況の中に置かれたまま、悔しいことが続き、ストレスをためまくっていたため、今年度こそ、’’覆し’’をしてやろうと目論んでいます。いっちょ、やったるでー!!!(笑)

2013年4月 1日 (月)

いよいよ明日から、新年度ですね。

表題も一新し、ブログを再開しようと思いたちまして、こうしてブログを新たに書き始めました。仕事に差し支えない程度に書いていこうと思います。

ああ、そういえば本日は、Poisson d'avril(ポワッソン ダ ブリル)、フランス語で4月バカですね。(英語で言うところのエイプリルフール)

子供の頃は、よくこの日に友人に嘘をついて、からかっていたりしたんですけどね。皆さんは、どうだったでしょうか?肩肘はらず、気楽に書き綴っていきますので、宜しくお願いします。